コペンエンジンオーバーホール仕上げ!

こんにちは!わだちの犬飼です。

本日は一日じっくりオーバーホール中のコペンに手をかけられるので、一気に仕上げてしまいたいと思います!

ヘッドの方も組み上げ、エンジンが一通り形になりました!

大事なのはもちろん中身ですが、外見も綺麗に仕上げていきます・・・

今回のコペンはMT車なので、エンジンがひと段落したあとはミッションの作業に取り掛かります。

いきなりご開帳しておりますが、ミッションの中身です。今回は各部オイルシール類の他ギヤのシフトフィーリング向上の為にシフトフォークも全数新品に交換いたします。

シフトフォークが磨耗するとミッション内部での遊びが僅かながら大きくなってしまうので、その分入りが若干悪くなります。

こちらこの年式のダイハツMT車の泣き所、シフトセレクトシャフトのオイルシールからのオイル漏れ。ここのオイルシールを交換するのにミッションを全て分解する必要があるので、修理にはどうしてもお金がかかります。騙し騙し乗っている方も多いかと思いますがエンジンを下ろした際にはついでにやってしまった方が良いかと思います。

こちらが新品のオイルシールになります。

話は変わって下廻りのサビ問題です。こちらのお客様は沿岸部にお住まいのため、どうしても塩害が発生してしまいサビとの戦いがコペンを長く維持するための必須項目となっております。

全体的に赤錆が発生していますが、幸いまだ腐食している箇所は少なかったので、今回エンジンミッションメンテナンスのついでに赤錆を転換処理させていただいて、防錆処理を施させていただきました。

エンジンがいくら元気でもボディが朽ちてしまっては意味ないですからね!

こんな感じで全体的に転換剤を塗布。

このような鉄板と鉄板の隙間に湿気などが溜まって錆びやすいので、要注意ポイントでもあります。

今回はエンジンミッション、ボディ周りのほかに、ブレーキやエアコン関係もリフレッシュさせていただきました!

無事にエンジンを搭載!

動画では伝わらないかと思いますが絶好調です笑

何回やってもオーバーホール後のエンジンをかける瞬間は緊張しますね・・・正直オーバーホールは大変ですが、作業後の絶好調に生まれ変わったエンジンを目の前にすると、やはり嬉しいですね!

エンジン上部のパイプ類が明日到着するの、そこを交換して外装を仕上げて作業完了となります!

ではでは!

作成者: wadachi1201

皆さん初めまして!睦沢町のわだちです!車検や点検、中古車の販売を行ってきます!Twitterなどもやってますので是非フォローよろしくお願いします!SNSでしか公開しないお得な情報があるかも!?

2件のフィードバック

  1. 現在ワンオーナーの中古を2年ちょっと前にガリバーで購入した旧コペンに乗っている68才のオジンです。33万円で14万キロを購入。現在の走行距離は25万キロとちょっとですが、前の所有者が結構オイル交換をしていたらしく好調です。もう3年ぐらい乗る予定ですが、年4万キロ乗るペースですので37万キロ近く行くのかなあと思っています。ちなみに月1回粘度50のオイル交換とバーダルの添加剤を使っています。アクセルの軽さは購入前よりずっと軽く吹け上がり、落ち方も見違えるようです。結構燃費も良くて高速道路では22キロ以上です。街乗りでも18キロで実に経済的です。購入直後は14万キロを走るのがやっとでしたよ。車も人も同じで気にかけてメンテナンスしていれば頑張ってくれます。コペンライフはとても楽しいです。暇つぶしに書かせてもらいました。
    この動画はとても参考になります。(^○^)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中